ドキドキが止まらない!?子どもの美容院デビュー!行ってみると良さが実感できる

このサイトを広める

子どもを美容院に連れて行くことをためらうママもきっといるはず。私もその1人で、なかなか一歩を踏み出せずにいました。そんな私が広島で娘を美容院デビューさせるきっかけになった出来事や、行ってみて実感した良さをご紹介します。

娘の美容院デビュー。私がためらった理由

「娘の髪を切りたい。でも美容院に連れて行くのは…」そう私がためらった一番の理由は、娘がじっとしていられないタイプだったこと。“美容院に連れて行く=椅子に座ってじっとしておく”その様子がまったくイメージできませんでした。
娘の前髪に関しては、1歳の誕生日を機にのびたタイミングで私が切っていました。前髪程度なら素人の私でもなんとかなるのですが、横や後ろの髪まで切る自信はなく。しかもその前髪ですら、テレビに集中しているときを狙ってやっと、というレベル。なぜかテレビを見ているときでも、手足がゴソゴソ体はクネクネ状態の娘。「前髪のびてるから切らないと…」とわかっていても、行動に移すのがおっくうな日々でした。
そんな娘が、知らない場所で、知らない人に髪の毛を切ってもらう。想像しただけでおそろしいと震え上がっていた私。「美容師はプロだから、多少子どもがぐずったりあばれたりしてもなんとかなるよ」とはげましてくれる友人もいましたが、その光景に耐えられる自信もなく、「女の子だし、のばし続けるのもアリだよね」と開き直って美容院を避けていました。

保育園の入園式を前に美容院デビューを決意

美容院を避け続けていた私が「美容院に行こう!」と一歩を踏み出すきっかけになったのは、娘が保育園への入園を控えた時期にさしかかったこと。説明会でもらった資料に目を通すうち、“女の子で髪が長い子はヘアゴムで結ぶか、園生活でじゃまにならない長さに切ってください”という文字が目に入りました。
当時の娘は背中の真ん中あたりまで髪がのびていて、結ばないと食事はもちろん遊ぶときでもじゃまになるレベル。「保育園に通うようになると朝バタバタしそう…娘の髪を毎朝結ぶのって大変かな?」「保育園でヘアゴムが外れたとき、先生が結び直してくれるかどうかわからない」そんな疑問や不安が湧き出てきました。やっぱりいつまでも美容院を避け続けるわけにはいかない…今が一歩踏み出すタイミングだ!と、入園式を前に美容院デビューを決意しました。

はじめての美容院。その結果は

娘を連れて行く美容院は、私が学生の頃から通っている美容師さんのところに決めました。その美容師さんには長く髪の毛を切ってもらっているので、カットの技術はもちろん、人当たりの良さなどもじゅうぶんに知っています。以前私が美容院に行ったときに、横で髪の毛を切ってもらっている子どもを見かけたときの記憶も決め手のひとつ。他の美容師さんも対応が丁寧で、子どもがリラックスして髪の毛を切ってもらっている様子でした。
まずカットの予約を取るにあたり、娘にとってははじめての美容院であること、家では前髪を切るのもひと苦労なことを伝えました。髪の毛を切ってもらう間スマホで動画を見せてもいいか、切った髪の毛を記念に持って帰ることができるかなどの確認も忘れずに。予約を取ったら、あとは当日を待つだけ…いよいよドキドキの美容院デビューです!
そして美容院デビュー当日。娘には美容院で髪の毛を切ってもらうことを伝え、美容院ではスマホの動画を見せること、終わったらごほうびに好きなお菓子を買うことを約束しました。美容院に入店して大きな鏡の前に座った娘は、ものすごく興味深そうに鏡に見入っている様子。美容師さんに話しかけられたら普通に受け答えし、さらには「終わったらおやつ買いに行くの!」と自慢げに話すくらい。あんなにドキドキしていたのに、なんと何事もなくあっという間にカットが終わりました…
家で前髪を切るときには、テレビでもスマホの動画でもじっとしなかった娘。美容院という異空間に魅せられたのでしょうか。緊張する様子もなく、終始ごきげんに過ごすことができました。

美容院デビューして実感した“良かったこと”

無事美容院デビューを終えて“行って良かった”と実感したのは、娘がやればできる(実はじっとできる)タイプだとわかったこと。家ではどんな様子でも、いざというシーンでは親の予想をいい意味で裏切ってくれたのが、心から嬉しく思えました。
また、仕上がりの完成度の高さも、思った以上のものでした。女の子だし髪は長いほうがかわいいと思っていた私ですが、おかっぱヘアのなんとかわいいこと(笑)さらに毎回自分で切っていた前髪も整えてもらったので、今までにないほど前髪が決まっていました!後日私の両親から「前髪も次からプロに任せたほうがいいんじゃない?」とつっこまれるほど、ビフォーアフターの違いがはっきりと実感できました。
今では横や後ろの髪が長くなりすぎたときだけでなく、前髪もなるべく美容院で切ってもらうようにしています。家では相変わらずじっとできない娘ですが、美容院へ行けば親子ともにストレスなく(笑)髪型もばっちり決まる♪子どもにとっても、すっかり美容院が身近な存在になりました。

思い切って美容院デビューしてみよう!

子どもが美容院で退屈しないように、スマホで動画を見せたり、終わったらごほうびをあげる約束をしたり、ママが工夫することも大切。美容院デビューはやってみないと展開がわからない!子どもの美容院デビューがまだの人は、ぜひ参考にしてくださいね♪

担当ライター