あれ?なんで!?子ども連れランチに突然失敗!原因はコレでした

このサイトを広める

子どもたちが1歳を過ぎたころ。我が子たちはかわいくって破壊力のある男女双子ですが、そんな双子を連れてのランチにも慣れてきました。その日、訪れたのは成功率100%を誇る回転寿司屋さん♪今回の子ども連れランチもおいしく楽しく済ませられる、と思っていたのに…。今回は、広島市の片隅で突然起きた、我が家の子ども連れランチの失敗談を皆様にお話しします。

子連れランチに慣れてきました♪

男女双子を授かった我が家。子ども連れ外食ランチは、1人でも大変だというのに同じ月齢の子どもが2人!パパと私は、長らく家族で外食を楽しめないままでいました…。
まずはこちらが、子ども連れ初ランチの様子。

なかなかにスパイシーな思い出です。しかし、ラーメンはおいしかった…。それだけは脳裏に強く刻まれています!
ですが、次第に子どもたちの手がかからないように♪

リベンジ子ども連れランチではあっけなく成功をおさめ、これ以来子ども連れランチは連勝!パパも私も、外食が楽しみになってきました。

そして、この記事でお伝えしたいのはそんな子ども連れランチにも慣れてきたころのこと。特に子どもたちは寿司飯やだし巻き卵が大好きで、「回転寿司屋」に行けば間違いなく食事に夢中になってくれていました。
成功率は100%!いつ行っても家族みんな、ニコニコでランチを食べられる回転寿司屋さんに出かけた我が家です。

あれ?成功率100%の回転寿司屋さんなのに…?

子どもたちが大好きなメニューを注文!

その日は、子どもたちに特になにかおかしい様子もありませんでした。いえ、今思えば「なんか最近夜泣きするなあ」「鼻水がちょっと出てるなあ」。こんな変化はあったのです。
しかし、新米ママである私はそんなささいな変化に気を留めず、回転寿司屋さんへ。
いつも頼むのは、双子ウケのよい「卵」や「ツナマヨネーズ」などの握り寿司。そして、サイドメニューであるポテトフライやうどん、茶わん蒸しも忘れません!我が子たちはこの定番メニューが大好きなので、その日もたくさん食べてくれるだろうと思っていたのです。と、ところが…。

一口も食べない…。何かがおかしい…

娘も息子も、なぜか大好きな茶わん蒸しを差し出しても一口も食べないのです。お腹が空いていないのかな?と思っていたのですが、なんだかご機嫌も悪い様子。
ここで、やはり私が「ちょっとお店を出よう!」と言えばよかったのですが、大人もせっかくのお寿司を楽しみたい!そんな気持ちがあったので、もうちょっと粘っておこうか~なんて、思ってしまったのです。

まさかイヤイヤ期到来か!?

このとき、双子は1歳半。「もしかして噂に聞くイヤイヤ期がやってきたのかな?」と思ったこともありました。しかし、双子は機嫌が悪くなる一方。さらに、このときよせばいいのにパパはテーブルに到着するまで時間のかかる料理や、お寿司をじゃんじゃん注文しているのです。必然的にテーブルにいないといけないことに…。
そうこうしているうちに娘が泣き出しました…。私はお寿司を少しも食べられないまま、娘を抱っこして広島市内中区の回転寿司屋さんの中をウロウロ。立ち止まれば娘がギャー!と泣くので、早くお寿司屋さんから立ち去りたい気持ちでいっぱいでした。

私は食べてないんですけど…。若干の夫婦喧嘩に

娘が少し落ち着きを取り戻しつつあったので、私は抱っこしたままテーブルへ戻ることに。「なんで食べないの?どうしたの?」と能天気なパパ。
「見たらわかるじゃろ!娘がなんか機嫌悪いから早く出ようよ」
「えー、何か食べたらいいのに」
そりゃあ、食べたかったに決まってますがな…!なんだか私がイライラしてしまい、夫婦の間に流れる雰囲気も最悪に。息子もグズるため、さっさと4人で回転寿司屋さんを後にしました。
お寿司、堪能したかった…。
これまで、しばらく連勝続きだった子ども連れランチ。どうしてここで失敗してしまったのでしょうか。

外食失敗の原因は、子どもの体調不良でした…

そしてこの苦い回転寿司ランチの翌日。子どもたちはそろって熱を出し、風邪を引いてしまいました。
やはり、子どもたちがランチでグズグズになったのには原因があったのです。そして、原因は「体調不良」。大人でも食欲が湧かないとき、なぜか大好きな食べ物が並ぶ料理屋さんに連れてこられて、目の前にごちそうを出されたら
「食べたい!でも、体調悪くて食べられない…。食べたいのに…!」
と泣きたくなりますよね。そんな気持ちで、双子は回転寿司屋さんにいたのかもしれません。
気づいていれば早めに対策できたのに。本当に私の子育てが未熟だった…、と反省した瞬間です。
これ以来、子ども連れでの外食時にはかなり子どもたちの変化には気を配っています!なぜなら、“我が子の場合は”ですが一旦グズグズし始めたら何をしても止まらず、そしてそのグズグズには何らかの原因があるからなのです…。
今回は失敗に終わりましたが、学んだことも多い子ども連れランチでした。

体調にしっかり気を付けて!子ども連れランチを楽しもう

「子ども連れランチ、体調不良を見過ごし失敗した」の巻きをお送りしました。この記事を反面教師に、育児中ママのみなさんは楽しく健やかな!子ども連れランチを楽しんでくださいね。

担当ライター